コロナ禍による交通崩壊を防ぐための緊急アピールについて

 新型コロナウイルスは私たちの生活に大きな影響を与え、これからの社会のあり方が問われています。このような状況下、生活の基盤である公共交通、特に地方部における私鉄、バス、タクシーの存続が危ぶまれていますが、先月末、“交通まちづくり”に関わる市民団体の情報共有組織である「全国路面電車ネットワーク」では、交通崩壊を防ぐための緊急アピールを国土交通省関係部局や超党派国会議員の集まりである「新交通システム推進議員連盟」およびマスメディア各社に対し発信しました。(5月12日時点で賛同・協力48団体)

 「横浜にLRTを走らせる会」も「横浜の公共交通活性化をめざす会」などと共に今回の賛同団体に名を連ねています。

ダウンロード - 20200427e382b3e383ade3838ae7b78ae680a5e382a2e38394e383bce383abe69cace383bbe694b9.pdf

 これらの動きや全国の影響状況等については「公共の交通ラクダ(岡山)」ホームページで確認することができます。

http://www.racda-okayama.org

 また、交通崩壊を防ぐため、交通事業者、学識者、市民団体の間で連携した取り組みにもなっています。

https://covid19transit.jp/#toc1

 

| | コメント (0)

2020年1月28日 (火)

2020冬 公共交通フォーラムを開催しました

当日のフォーラムは予定通り開催しました。参加された皆さんありがとうございました。

当日の様子(一部)は次のYouTubeにてご覧になれます。

(1)基調講演

 「地域交通のイノベーションに向けた政府の取り組み」

  蔵持 京治氏(国土交通省総合政策局 交通政策課長)

   https://youtu.be/OGT5eQXkCZ4

(2)特別報告

 「連節バスを活用した『高度化バスしテム』について」

  村上 真也氏(横浜市都市整備局 都市交通課担当係長)

   https://youtu.be/W5cOIp39S7c

(3)報告1

 「共通データ基盤『MaaS Japan』で」実現できる

  MaaSアプリ&サービス」

  藤垣 洋平氏(小田急電鉄株式会社経営戦略部

     次世代モビリティチーム 首席MaaSデザイナー」

   https://youtu.be/C1TRiE8B-S8

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

毎年この時期に実施している「公共交通フォーラム」を次の通り開催します。皆さんの参加をお待ちしています。

テーマ:「新たなモビリティサービスを考える

                             ~快適でシームレスな移動とは?~」

日 時:2月22日(土) 13:30 ~ 16:30 (開場 13:00)

会 場:波止場会館 5階多目的ホール

        (みなとみらい線 日本大通り駅 徒歩5分)

基調講演

 「地域交通のイノベーションに向けた政府の取り組み」

  蔵持 京治 氏(国土交通省総合政策局交通政策課長)

特別報告

 「連節バスを活用した『高度化バスシステム』について」

  村上 真也 氏(横浜市都市整備局都市交通課担当係長)

報告① 

 「共通データ基盤『MaaS Japan』で実現できる MaaSアプリ&

      サービス」

  藤垣 洋平 氏(小田急電鉄 経営戦略部次世代モビリティチーム)

報告② 

 「パーソナルモビリティWHILL

                  ~ラストワンマイルの新たな移動手段~」

  有賀 香代子氏(WHILL株式会社 MaaS事業部)

参加費 : 資料代 1,000円(学生 500円)

詳細は ↓

ダウンロード - 2020e586ace38395e382a9e383bce383a9e383a020202020e38381e383a9e382b7rev.pdf

 

| | コメント (0)

2019年7月 5日 (金)

2019夏 LRTフォーラムについて

「2019夏 LRTフォーラム」は多くに方々にご参加いただき無事終了しました。

当日の様子は下記の動画にてご覧いただけます。            
1.
https://youtu.be/SvPMszJAlWM
 基調講演 「都市再生のためのまちづくり」
  川上洋司氏(福井大学名誉教授)
 報告①「神奈川東部方面線の概要」
  六渡淳一氏(横浜市都市整備局都市交通課担当課長)
 報告②「神奈川東部方面線を契機とした沿線のブランド戦略」
  鈴木昭彦氏(相鉄ホールディングズ(株)経営戦略室課長)
3.https://youtu.be/hqNLW3-vZzA

  ・提案「横浜郊外部における新たな交通システムの導入について」

   大沼安秀氏(郊外部の移動のあり方研究会)

 ・全体の質疑応答

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

毎年この時期に実施している「LRTフォーラム」を次のとおり開催します。皆さんの参加をお待ちしています。

〇 日 時: 7月13日(土) 13:30~16:30 (開場 13:00)

〇 会 場: 波止場会館5階多目的ホール          <みなとみらい線「日本大通り」駅徒歩5分>

〇 テーマ:                                                                         「“つなぐ”がまちを変える ~そのねらいと効果を考える~」

〇 基調講演:川上 洋司 氏(福井大学名誉教授)       「都市再生のための交通まちづくり~福井なりのLRT化~」

その他、報告として11月の開業を前に神奈川東部方面線を取り上げ、計画概要と新たにつながることで沿線がどう変わるのかを関係者から話題提供してもらいます。

〇 参加費: 1,000円(学生 500円) 事前の申し込み不要

主催:横浜にLRTを走らせる会               共催:横浜の公共交通活性化をめざす会

詳細は  ↓

ダウンロード - 2019e5a48fe38395e382a9e383bce383a9e383a0e38381e383a9e382b7ver2.pdf

 

 

                                           

 

| | コメント (0)

2019年5月 4日 (土)

野毛山動物園で路面電車写真展を開催中

Img_9539 Img_9538 Img_9535 Img_9531

毎年この時期 当会主催により路面電車・LRTの写真展を開いています。動物園内に保存展示されている横浜市電の車両内およびその周辺で展示していますが、今回の目玉は、今年3月から運行が開始された岡山のチャギントン号の写真です。

富山・高岡のドラえもん号の写真と並んで展示していますので見に来てください!

 

(5月26日まで展示予定。)

| | コメント (0)

2019年3月17日 (日)

横浜グリーンモビリティカフェの開催

横浜にLRTを走らせる会も会員になっている横浜交通まちづくり協議会主催です。

開催日時:3月24日(日曜) 13:00-16:30
会場  :cafeあにみ

   (横浜市西区みなとみらい2丁目 クロス・パティオ1F)
プログラム
[プレゼンテーション]
横浜交通まちづくり協議会の活動
  (横浜交通まちづくり協議会代表 松川由実)
福祉と交通の連携について
  (かながわ福祉移動ネットワーク 石山典代)
横浜都市交通計画について
  (横浜市都市整備局都市交通課長 橋詰勝彦様)
 ゲストスピーカー
①大豆戸地域ケアプラザ・包括支援センター保健師 稲田説子様
②横浜市健康福祉局地域包括ケア推進課長 喜多麻子様
『よこはま地域包括ケア計画』~身近な地域の取組事例から~
[パネルディスカッション]
「福祉と交通の連携をいかに進めるか?」
コーディネータ 鏑木孝昭(横浜交通まちづくり協議会副代表) 
パネリスト(予定:敬称略) 稲田設子,大野慶太(東宝タクシー),
      喜多麻子,清水弘子,橋詰勝彦

事前申し込みは不要

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月28日 (金)

2019冬「公共交通フォーラム」開催のお知らせ

⇒ 多くの方々の参加を得て無事終了しました。

  毎年この時期、「横浜の公共交通活性化をめざす会」との共催により開催していますが、今回は"便利で最適な移動環境とは何か"を皆で考える機会とし、ICTを活用して公共交通を中心にすべての移動手段を一つのサービスと捉え、これらをシームレスにつなぐ新たな概念である「MaaS(マース)」を取り上げます。皆さんの参加をお待ちしています。

1.日時 平成31年 1月26日(土) 13:30~16:30<開場 13:00>

2.会場 万国橋会議センター 401・402号室 
    (みなとみらい線 馬車道駅 徒歩4分)
3.基調講演 「モビリティ革命と MaaS(マース)について」
      牧村 和彦氏(一般財団法人 計量計画研究所 理事)
4.各種報告 行政(横浜市都市交通課)、交通事業者、アプリ
  開発者からの報告(詳細は添付のチラシを参照願います。)
5.参加費   1,000円(学生 500円) 事前申込不要
6.問合せ先 横浜の公共交通活性化をめざす会
          (コタベ 090-6544-1422)
Scan_5

 

 

 

 

  

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月19日 (水)

横浜カーフリーデー&モビリティウィーク2018

923日午前11時から午後4時まで、日本大通りと横浜公園で「横浜カーフリーデー&モビリティウィーク2018」が開催されます。

当会も日本大通りの一角でパネルや模型の展示、スタンプラリーポイントとしてのクイズなどを行いますので、お時間を取れるかたは是非いらして下さい。

詳細は主催者である横浜カーフリーデー実行委員会の下記ウェブサイトをご覧下さい。

http://lrt.cocolog-nifty.com/yokohama/

なお荒天の場合は中止となりますので同サイトでご確認下さい。

0474_2018ycfdchirshi_s1_6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月30日 (月)

7/21から8/26まで市電保存館で写真展を行なっています

 例年の様に横浜にLRTを走らせる会では、滝頭にある「横浜市電保存館」で写真展を開催中です(期間中無休)。横浜の景観にLRTを合成した写真などを展示中です。7/28からはフランス各都市LRTの映像も放映しています。館内の展示場所は入り口寄りの市電523号の前方です。また、市電保存館でも夏休みイベントを開催中ですので、ぜひお越し下さい。

http://www.shiden.yokohama/news/

開館時間:午前9:30〜午後5:00(入館は4:30まで)

入館料金:大人300 / 3歳から中学生100

 

Dscn1557
Dsc09598_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月24日 (日)

2018夏 LRTフォーラムのお知らせ

【2018夏 LRTフォーラムは、多くの皆さんにご参加いただき予定通り終了しました。】

今年のLRTフォーラムは、新設工事が始まった宇都宮のLRTを取り上げます。導入を契機に“まち”をどのように変えようとしているのかを知り、LRTが走ることで“まち”がどう変わるのかを皆で考える機会とします。
 また現在、横浜市では「都市交通計画」の見直しを図っていますが、その概要を報告してもらいます。

日 時: 平成30年 7月14日(土) 13:30 ~ 16:40 (開場 13:00)
会 場: 波止場会館 5階多目的ホール
テーマ:「まちづくりにおけるLRTの役割
             ~宇都宮の事例から考える」
基調講演Ⅰ「宇都宮のLRT  これまでとこれから」
      古池 弘隆氏
       (宇都宮共和大学特任教授 宇都宮大学名誉教授)
基調講演Ⅱ「交通未来都市宇都宮 LRTによる“まちづくり”」
      吉田 信博氏(宇都宮市副市長)
特別報告  「『横浜都市交通計画』の改定について」
      橋詰 勝彦氏(横浜市都市整備局都市交通課長)
主催者から 「都心臨海部への信用乗車方式導入の提案」
      小田部 明人(横浜にLRTを走らせる会)

参加費: 資料代 1,000円(学生 500円) 事前申込不要
主催:横浜にLRTを走らせる会
共催:横浜の公共交通活性化をめざす会
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 4日 (金)

野毛山動物園での写真展

今年もゴールデンウィークを挟んでの1ヶ月間、野毛山動物園で日本の路面電車の写真展を開催しています。市電の車内では、宇都宮のLRTに関するパネルも展示しています。さらに、当会の「子ねことふしぎな電車」の絵本も、管理事務所の入り口で無料配布しています。

 期間は4月21日から5月20日(日)です。
 野毛山動物園は無料ですので、ぜひ足を運んでください。
Img_5169_2
Img_5118
Img_5126

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 3日 (火)

クルマ社会を問い直す会 講演会のご案内

クルマ社会を問い直す会よりの情報です。

「宇都宮 LRT 導入の経緯と課題」

講師 森本章倫氏

(早稲田大学理工学術院社会環境工学科教授、20143月までは、

宇都宮大学教授)

日時  2018 4 21 日(土)14:4516:45

場所 北とぴあ 701 会議室 (東京都北区。JR 京浜東北線王子駅より

 徒歩 2 分)

参加費 無料

*どなたでもお気軽にご参加ください。事前予約不要です。

★本年 3 20 日に国土交通省は宇都宮市&芳賀町が計画しているLRT

軌道の工事施行を認可しました。戦後初めての路面電車の本格的新設が始

まろうとしています。

この計画に積極的に関与された森本章倫氏を招いて「宇都宮 LRT 導入の経

緯と課題」について講演していただきます。


都宮市、栃木県がこのプロジェクトを支援すると判断した理由はなにか、

市や県がどこまで支えれば採算がとれると見込めるか、地元で反対運動が

根強いがどのような理由によるか、全国で LRT の普及を図る上で参考にで

きるのはどのような点か、などなどお話が聞ければと期待しています。

★問合せ先:クルマ社会を問い直す会世話人:杉田正明

      Email sugita@kstnk.sakura.ne.jp


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«走らせる会NEWS22号