« 路線案へのご意見 | トップページ | 「人と環境にやさしい都市交通をめざす全国大会の分化会」 »

2004年12月26日 (日)

横浜の10大ニュースとLRT

横 浜市が今年の横浜市の重大ニュースを発表した。1位と8位がLRTと関係が深いニュースだ。1位が「みなとみらい線開通」8位がベイブリッジの下の国道357号の開通だ。
 
 当会の事務所は昨年11月今年の10月まで馬車道とコンテナ街道に面した旧富士銀行の中の共同オフィスにあった。はす向かいに国の合同庁舎があり、運輸局へはたびたび訪れた。はす向かいにあるのだが、地上を歩いていこうとすると大変遠回りで、途中からみなとみらい線の駅ができて地下道が通れるようになり便利になった。さすが、1km1千億円かかっているだけあって、駅舎は大変りっぱで心地よい。開業前に通行人対象にアンケート調査があり、2度ほどボールペンの景品とともに受け取った。
 私は、JR鶴見駅と京急花月園前に近いところに住んでいる。そのため、みなとみらい線ができても利用することなど、ほとんどない。元町も中華街も石川町から歩いていく方が、時間的にも早く、料金も安い。LRTの理事会でも東京から来る理事はよく利用していたようだが、横浜市在住の理事はほとんど利用していなかったようだ。菊名在住の理事でも、運賃が高いからと、多少歩いてもJRを利用していた。
 元町や中華街には東京からたくさんの人が来て潤っているようだが、みなとみらい線は横浜市内の回遊性を高めることにはほとんど貢献していない。せっかく東京からたくさんの観光客が来ても、関内地域の回遊性の悪さから、中華街や元町にきた観光客が他の集客地を訪問することなく終わっている。もったいないことだ。
 国道357の開通によって、コンテナ街道を走るコンテナも少なくなった。みなとみらい線で増えた観光客を少しでも長く横浜に滞在してもらい、また横浜市民にとってもみなとみらいと関内地区の回遊性を高めるために、LRTを導入するいい時期だと考えるのは、私たち会の人間だけなのだろうか。

|

« 路線案へのご意見 | トップページ | 「人と環境にやさしい都市交通をめざす全国大会の分化会」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162651/8390756

この記事へのトラックバック一覧です: 横浜の10大ニュースとLRT:

« 路線案へのご意見 | トップページ | 「人と環境にやさしい都市交通をめざす全国大会の分化会」 »