« 2004年12月 | トップページ | 2005年7月 »

2005年6月30日 (木)

≪人と環境にやさしい都市交通をめざす全国大会 IN 宇都宮≫

≪人と環境にやさしい都市交通をめざす全国大会 IN 宇都宮≫報告

6月25日に開催された大会に行ってきました。当会からは、古川副理事長と事務局の伊藤・松川が参加をしました。といっても、当会会員とは、会場でたくさん会いました。

 私と伊藤さんは、環境問題のセッションに参加をしました。
 LRTに求められる持続可能的側面 ・・・北村秀哉
東京電力の環境部である北村さんは、企業も経営においても環境性・社会性・経済性が求められると前置きした上で、LRTのもつ持続可能性について話をされました。ボルドーの架線レスのトラムの写真があったので、そこに対する質問が出てきて、架線レスとラムへの関心の高さを感じました。

 京都市へのLRT導入によるCO2排出削減効果の検討・・・須永孝隆
 須永さんの発表によると、京都市にLRTを導入した場合、最大で17%削減の可能性があるとのことです。2つのケースによる試算を出していましたが、在来鉄道とLRTの乗り継ぎのとき、運賃が加算されるケースAでは、6%程度の削減が見込まれ、共通運賃性を取り、運賃を低めに設定した場合で17%削減が見込まれるとのことです。
 在来線との共通運賃性がLRT導入の課題のひとつでもあります。
 環境の分化会は、割と女性も参加していました。珍しいことです。

古川副理事長の発表を聞きに、【車両技術とデザイン】のセッションに移動しました。
技術的な分化会の中で、古川さんの話は、比較的ソフト的な話でした。LRTは地下も地上も高架も走るフレキシブルな乗り物ですが、ストラスブールとボルドーの例を挙げ、ボルドーが乗り換えの容易さ、在来線との結節を重視していることを評価していました。
 フランスのトラムは、車両のデザインに非常に優れています。日本でも車の購入するときにはデザインを重視する人はたくさんいる。デザインの優位性がトラムの魅力を高め、ヨーロッパ各地での普及効果をあげている、という発表でした。

 実際、フランスに行くと、ナントのトラムは、交通機関だという印象ですが、モンペリエやオルレアン、リヨンは、遊園地の乗り物をいう感じです。車内もとてもカラフルです。車両だけではなく、街もまるでテーマパークのように、きれいに整備され、路上アートがあちこちにつくられます。横浜もトリエンナーレのとき、みなとみらい地区に巨大なトンボが現れ驚きましたが、新しいトラムが走っている街は、1年中トリエンナーレのような感じがします。遊び心がいっぱいの街になります。モンペリエには、トランジットモールにガラスの椅子が並べられています。座るためのものではなく、アートです。トラムの色もその街に似合った色が選ばれます。クレモンフェランは、火山の溶岩の色である赤、オルレアンはロアール川の砂の色がイメージです。横浜の場合は何色が似合うのでしょうか?やはりベイスターズのブルーでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月20日 (月)

日本全国路面電車の旅

平凡社から「日本全国路面電車の旅」が発売されました。小川裕夫著 ¥840

 路面電車は、観光にもって来いの乗り物です。私は、横浜にLRTを走らせる会の事務局としてこのブログを管理していますが、もともと路面電車が好きだったわけではありません。大学生のころ、長崎に旅行に行き、そこで路面電車の便利さを実感しました。田村会長の話ではありませんが、路面電車は乗っているだけで、街の観光ができてしまうという優れた乗り物です。また、バスと比べ路線がわかりやすいため初めてその土地を訪れる人でも簡単に利用できます。
 都電や江ノ電についても本に書かれているようなので、1日近郊の路面電車の旅を楽しんでみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月13日 (月)

第1回定期総会

 FI1483078_0E

 16月1日の土曜日にかながわ県民サポートセンター403号室にて、正会員、賛助会員を合わせ約50名の参加で第1回定期総会を行いました。
 
 田村明会長は、「街がいいから路面電車が生きる。横浜で路面電車を走らせようとしたと
き、街がすばらしくなくてならない。ウィーンの街の路面電車は、街のいいところをぐるっ
と回ってくれる。地下鉄とは違う性格をもっている。路面電車建設は、まちづくりと一体と
なってすすめていけるようがんばっていきましょう。」と挨拶しました。


議案はすべて承認されました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月 3日 (金)

「人と環境にやさしい都市交通をめざす全国大会の分化会」

月25日の「人と環境にやさしい都市交通をめざす全国大会の分化会の詳細です。
大会は参加者400人と大盛況のうちに終了しました。
横浜にLRTを走らせる会の会員も多数参加しました。

第1会場 アカデミアホール
10:00~12:00 【公共交通の存続】 座長:太田勝敏(東洋大学)
①「市電の走るまち、豊橋」 -路面電車を活かしたまちづくりへの取り組み-
 ・・・斎藤誠一
②南海貴志川線事業継承について ・・・礒野省吾
③南海貴志川線存廃問題をめぐる住民活動の展開 ・・・辻本勝久
④日立電鉄線廃止までの経緯と市民による存続運動 ・・・伊藤智毅
⑤万葉線は再生できたか ~注目の設立、利用増加傾向の現状、今後の展望~ 
 ・・・吉田千秋
⑥公共交通利用促進活動と『ほじろば』のまちづくりを“のりのりマップ”で
 ・・・高橋八州太郎

13:00~15:00 【各都市のLRT】  座長:松川由実(横浜にLRTを走らせる会)
①新潟における新たな交通システム ・・・田中篤史
②LRTとまちづくり(宇都宮地域の取り組みから)・・・矢野公久
③横浜でのLRT活動事情 ・・・松川由実
④堺の路面電車とLRT計画 ・・・金田徳蔵
⑤池袋における路面電車と街づくりに関する活動 ・・・阿部 等
⑥札幌市電の札幌駅延伸とLRT化による移動疲労軽減効果の検証・・・佐藤知花
⑦富山港線の路面電車化事業 ・・・根塚 俊彦

第2会場 特別講義室Ⅰ
10:00~12:00 【海外事情】 小山徹 (産業考古学会)
①2005年における中国,東北地方の路面電車とLRT ・・・蟹江康光
②ドイツの公共交通を体験して ・・・えんどう和信
③フランスにおける公共交通運営システムと自治体の役割・・・南聡一郎
④トラムからトロリーバスへ? - フランスにおける最近の動き -
 ・・・青木亮
⑤LRTとバス -オタワの選択を踏まえて ・・・宇都宮浄人
⑥北欧福祉国家の都市公共交通 ---StockholmのLRTとKobenhavnのMetro 
 ・・・小山 徹

13:00~15:00 【財源・制度】石井晴夫(作新学院大学)
①鉄道と路面電車は「統合」できるのか~欧州事例を参考に
 ・・・深山剛
②財政難の時代における民間インフラファンドを通じた新たなインフラ整備のしくみ
 ・・・石田
③鉄軌道の存廃問題と住民参加による費用対効果分析の実施 辻本 勝久
④LRT整備の費用便益分析における便益最適化 ・・・松本昌二
⑤LRT整備から見た上下分離の機能と役割及びその政策含意
 ・・・堀雅通

第3会場 特別講義室Ⅱ
10:00~12:00【環境問題】"鈴木崇児(中京大学)
①LRTに求められる持続可能的側面 ・・・北村秀哉
②都市環境施策評価モデルの開発 ・・・森田哲夫
③環境負荷低減に向けた都市の家庭部門における効率的な電力消費に関する一考察
 ・・・中井秀信
④京都市へのLRT導入によるCO2排出削減効果の検討・・・須永孝隆
⑤市区町村別の自動車CO2排出量の将来予測 ・・・上岡直見
⑥日本の交通CO2削減における地方都市の交通CO2削減の位置づけ
 ・・・松橋啓介

13:00~15:00 【まちづくり】高山純一(金沢大学)
①交通結節点改善事業-横川駅前広場の整備について ・・・速水正司
②高崎問屋町におけるイベント来訪者のまちづくりに関する意識調査
 ・・・嶋田利光
③沖縄都市モノレール開業に伴う利用者の活動スケジュール変化
 ・・・村上岳司
④地方鉄道のLRT化に関する評価~富山港線のLRT化を事例として~
 ・・・和田裕行
⑤路面電車からLRTへの転換 藤元 秀樹
⑥LRTの導入が高齢者の交通行動に及ぼす影響に関する意向データ分析
 ・・・水野 絵夢
⑦「交流拠点都市・かごしま」をめざして~路面電車を活かした鹿児島中央駅前広場整備
 ほか~ ・・・奥山 民夫

第4会場 大講義室
10:00~12:00 【車両技術とデザイン】座長:大野寛之(交通安全環境研)
①都市景観を創造する架線レスバッテリートラム ・・・寺内伸雄
②無架線軽量電車とハイブリッド鉄道車両の試作・走行試験・・・伊東孝彦
③デュアル・モード・ビークル(DMV)の開発 ・・・難波寿雄
④先進電動マイクロバスの開発 ・・・高橋俊輔
⑤次世代自動車への提言と技術課題 ・・・木下繁則
⑥LRTを成功に導くデザイン ・・・古川 洋

13:00~15:00 【交通システム】座長:北村秀哉(東京電力)
①欧州の電気バスの利用状況と考察 ・・・北村秀哉
②ゴムタイヤ式LRT「トランスロール」への取り組み ・・・小山俊一
③単線LRTシステムのための交通制御技術の検討(その1) ・・・伊藤雅
④単線LRTシステムのための交通制御技術の検討(その2) ・・・芦川圭
⑤優先信号の導入によるLRT表定速度向上策~運賃収受に要する時間とそのバラツキに
 ついて~ ・・・西恵吾
⑥人にやさしく、環境にやさしい超低床LRVを目指して ・・・桝田保

第5会場 21番教室
10:00~12:00 【パワープラント】座長:小沢和典(ENAX)
①電気自動車用ブラシレスDC(直流)モータの特性 ・・・大坪俊朗
②劣化鉛バッテリーの微弱電流ナノパルスによる性能回復効果 ・・・佐藤員暢
③リチウムイオン電池による路面電車走行 ・・・小沢浩典
④燃料電池LRTへの期待 ~水素ワールド宇都宮構想をめざして~・・松谷浩
⑤鉄道用水素ステーションの検討 ・・・古田博貴
⑥浜松にLRTを! ~燃料電池式LRTとパーク&ライドによる新交通システム~
 ・・・内田宏康

13:00~15:00【代替交通手段】原田昇(東京大)
①自転車を活かした宇都宮市のまちづくり ・・・窪田靖
②ネパールのカトマンドゥ盆地における電気式三輪自動車(SafaTempo) の運用効率の改
 善プロジェクト ・・・中平保雄
③100円バスの導入状況について ・・・宮沢康則
④カーシェアリングシステムの普及拡大状況 ・・・高山光正
⑤都市内公共交通活用可能条件についての検討 ・・・柳沢英治
⑥地方都市における公共交通の課題 ・・・えんどう和信

第6会場 23番教室
10:00~12:00 【市民参加】座長:吉岡宏高(札幌国際大)
①栃木県の県央地域における住民参加の交通まちづくり ・・・南木孝昭
②これからの宇都宮市のまちづくりについて ~ 交通バリアフリーの推進 ~
 ・・・篠崎泉
③「都電でめぐる私たちの街」イベントのとりくみ -モーダルシフトを自動車排ガス被
 害者とともに訴える ・・・権上かおる
④住民参加によるソフト対策主体の通学路安全化策の取組み ~東海村「みちづくり塾」
 の活動から~ ・・・阿部 喜太郎
⑤さかいLRT研究交流センターの開設と活動 ・・・塚本 直幸
⑥続後の北勢線の現状とASITA(北勢線とまち育みを考える会)の取り組み
 ・・・安藤たみよ

13:00~15:00 【支援技術】座長:金子修也(文星芸大)
①人と環境にやさしいLRTを実現する課題について ・・・大野眞一
②多くの利用を得られ収益性を確保できるLRT・地方鉄道の条件・・・阿部 等
③デザイン政策によって交通価値を視覚化・顕在化 ・・・金子修也
④LRT導入における3次元VRシミュレーションを活用した合意形成支援ツールの開発
 ・・・河野友彦
⑤MOMOシミュレーションー先進交通流シミュレータMATESを用いた岡山市におけるLRT延伸
 仮想社会実験の試みー ・・・吉村忍
⑥自動車交通流を考慮した軌道系シュミレーターによるLRV導入の評価例 工藤 希

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年12月 | トップページ | 2005年7月 »