« 2005年度交通権学会研究大会 | トップページ | 《交通まちづくりフォーラムKOBE 第1回》 »

2005年8月25日 (木)

LRT(ライト・レール・トランジット)とは・・・・

 LRTとは「ライト・レール・トランジット(Light Rail Transit)」の略で、路面電車のシステム全体を近代化・ハイテク化した新しい都市交通システムです。

 日本で「路面電車」と聞くと、「古い」「遅い」「懐かしい」という言葉が浮かんでくるのが一般的です。かつては日本の多くの都市で路面電車が走っていました。しかし、モータリーゼーションが進むにつれて、多くの路面電車が廃止されました。これは、日本だけではなく、欧米各国でもその動きは顕著に見られました。

 けれども、欧米では1970年代から新しい都市交通機関としてこの路面電車を着目し、多くの都市で路面電車がLRTへと進化し、活躍しています。さらには、一度は路面電車を廃止させた都市ですら、LRTを新たに復活させたりしています。また、LRTは単なる都市交通機関としてだけではなく、都市中心部の活性化や都市環境負荷の軽減など、都市再生の装置としても評価されています。

|

« 2005年度交通権学会研究大会 | トップページ | 《交通まちづくりフォーラムKOBE 第1回》 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: LRT(ライト・レール・トランジット)とは・・・・:

« 2005年度交通権学会研究大会 | トップページ | 《交通まちづくりフォーラムKOBE 第1回》 »