« 京都でのシンポジウム案内 | トップページ | 2006夏・LRTフォーラム   »

2006年5月19日 (金)

磯子区民会議交通分科会でのプレゼンテーション

51_023jpgblog_2  5月18日に磯子区民会議の交通分科会でLRTのプレゼンテーションをさせていただきました。

 交通分科会ということで、質問も次々と出されて、私たちにとっても大変勉強になりました。 

 LRTを走らせるには、横浜は人口規模が大きすぎるのではないか、横浜の狭い道路に走らせたら、もっと道路が渋滞する。視覚障害の人がLRTに乗るまで安全なのか、歩行者の歩く環境を整えるのが先ではないか等々。

 もっともだと思える質問や意見がたくさんでました。参加した3人の理事で、できるだけ誠意をもってお答えさせていただきましたが、今後どうプレゼンテーションをすれば、こういった疑問に答えられるのか、もっと工夫をしていきます。

 LRTが走行するのに適したところにはLRTを、バスのがいいところにはバスやコミュニティバスを、自転車と徒歩の組み合わせなど、私たちがどこにでもLRTが適していると提案しているわけではないことを、もっと理解していただければと思いました。

|

« 京都でのシンポジウム案内 | トップページ | 2006夏・LRTフォーラム   »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162651/10137381

この記事へのトラックバック一覧です: 磯子区民会議交通分科会でのプレゼンテーション:

« 京都でのシンポジウム案内 | トップページ | 2006夏・LRTフォーラム   »