« 富山LRTに乗りに行こう~富山ライトレール視察 | トップページ | 第6回中部地区路面電車オープンサミットの案内 »

2007年6月 9日 (土)

フォーラムにLRT推進協議会設立準備会の発起人が集まりました

Dscf1845 6月9日(土)のLRTフォーラム「ヨコハマの環境と観光を考える~富山の先進事例に学ぶ」に、100人近くの参加がありました。

 午前中に総会があり、今年度の方針である「LRT推進協議会」の設立をめざすことを最重要活動とすることが決定されました。

 今回のフォーラムは推進協議会の賛同者が約40人、新聞等の告知を見て参加された方が約40人、理事メンバーの20人を加えて約100人の参加となりました。

 フォーラムは二部構成で、一部では㈱富山ライトレールの大場さんに基調講演に続いてパネルティスカッションを行いました。

 パネラーの経済観光局の鈴木課長からは、開港150周年を2年後に控え、力が入っている横浜市の観光政策について話しをしていただきました。「2009年には観光客を5000万人見込んでいるので、その人たちの回遊性などためにシャトルバスの運行なども考えている。その際のバスには低公害のものを使いたい。今年3月からヴェロタクシーも走り出したが、150周年に向けて連携を取っている」ということでした。

 もう一人市民団体代表として、ヨコハマ大道芸実行委員会の事務局長の広瀬さんから、有名になったヨコハマ大道芸の発祥の歴史や現状について話していただきました。広瀬さんからは「関内、特に馬車道や日本大通は歩行空間として非常にすぐれた場所なので、ここにはLRTといえども通さず、ぜひ歩いてほしい。回遊性を高めるということでLRTの役割はあると思うが、まずは歩くことを大切に」という苦言もいただきました。

 2部は4つのグループに分かれての分散会を開催し、LRT実現に向けてできることはないかなどの話し合いを行いました。

 詳しいことはまた後日ご報告します。

 フォーラムへの大勢の参加ありがとうございました。

|

« 富山LRTに乗りに行こう~富山ライトレール視察 | トップページ | 第6回中部地区路面電車オープンサミットの案内 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162651/15376843

この記事へのトラックバック一覧です: フォーラムにLRT推進協議会設立準備会の発起人が集まりました:

» イベント見聞録:6月9日横浜LRTフォーラム [ぶらざーてぃのblog]
写真1:横浜LRTフォーラム看板  さて前回の冬のフォーラムに引き続き、今回も行ってまいりました。横浜LRTフォーラム、今回のテーマは「ヨコハマの環境と観光を考える!」との事で昨年大ブレーク(?)した富山ライトレールから経営企画部長大場氏、横浜市からは観光経....... [続きを読む]

受信: 2007年6月11日 (月) 23時15分

« 富山LRTに乗りに行こう~富山ライトレール視察 | トップページ | 第6回中部地区路面電車オープンサミットの案内 »