« 第3回「人と環境にやさしい交通をめざす全国大会」in横浜 開かれる! | トップページ | バスをテーマにした市民ミュージカル上演! »

2009年1月18日 (日)

「横浜の歴史講座」でLRTを語る

 1月12日(月)、県立かながわ労働プラザにおいて開催された「横浜の歴史講座」に当会の清水副理事長が講師として出席し、「21世紀の歴史づくり 横浜発新しい公共交通」と題して講義を行いました。この講座は横浜開港150周年記念として、昨年5月から全10回にわたり開かれているもので、横浜港開港から発展を遂げた横浜の歴史を、「海・港」「水道」「電車」「近代建築」の4つの視点から取り上げるもので、今回は「電車の歴史」の一環として次世代を見据えたテーマで話がなされました。

清水氏からは、新しい公共交通としての「LRT」の存在、有効性について詳細な説明があり、また、横浜への導入の必要性が熱く語られました。1時間半にわたる講義に、参加者は熱心に聞き入っていましたが、最後には出席の皆さんから活発な質疑がありました。

Dscf34012

清水副理事長による講義

|

« 第3回「人と環境にやさしい交通をめざす全国大会」in横浜 開かれる! | トップページ | バスをテーマにした市民ミュージカル上演! »

コメント

もともと今回の講座へ参加できたのは、武相高校鉄道研究会の山田先生のご紹介によるものです。
また当日その山田先生を通して、市電を題材とした歌を作ってCDにした「プライベートジュネス」と言うグループの方々とも知り合う事ができました。
こうした繋がりは貴重ですし、またこれをきっかけに音楽の分野に関わりができるようだと良いなと思いました。

投稿: マサアキ | 2009年1月19日 (月) 11時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162651/43777739

この記事へのトラックバック一覧です: 「横浜の歴史講座」でLRTを語る:

« 第3回「人と環境にやさしい交通をめざす全国大会」in横浜 開かれる! | トップページ | バスをテーマにした市民ミュージカル上演! »