« 2009年5月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月 3日 (金)

09夏「LRTフォーラム」を開催しました !

テーマ“ヨコハマにはLRTがよく似合う”

第Ⅰ部 基調講演 

①「富山から横浜へ・・・」笠原 勤氏(前富山市副市長)

②「走らせる会からの提案」古川 洋氏(横浜にLRTを走らせる会・副理事長)

第Ⅱ部 パネルディスカッション

パネリスト:◎アシャド・バハルディン氏(アジア太平洋都市間協力ネットワーク事業補佐) ◎大川哲郎氏(大川印刷代表取締役) ◎笠原 勤氏 ◎古川 洋氏 ◎コメンテーター:安田八十五氏 (関東学院大学経済学部教授) ◎コーディネーター:宇都宮浄人氏 (エコノミスト)

 6月20日(土)午後、関東学院大学関内メディアセンターにて「横浜にLRTを走らせる会」と「横浜の公共交通活性化をめざす会」の主催で『2009夏LRTフォーラム』が開催され、83名が参加しました。

 基調講演の笠原勤氏は、平成17年国土交通省都市・地域整備局から富山市助役として出向され、18年に日本初の本格的なLRTを開業した富山ライトレールの副社長として関わった当事者であり、その説明資料は詳細にわたり、説得力に富む内容でした。利用者が減り廃止しようとしたJR西日本の「富山港線」をLRT化し、今ではJR時に比べ平日で2倍、休日で5倍の乗客がある黒字の経営を続けています。また現在、富山市は富山地方鉄道の市内軌道線を延伸し、富山駅と駅南側の中心街をつなげ環状線化・LRT事業を進め、今年の12月には開業するというまさに環境の時代に対応したコンパクトなまちづくりを目指していることがよく2009_3理解できました。  笠原氏は現在、横浜・桜木町に本社をおくUR(都市再生機構)に出向中で横浜市のまちづくりに関心をもっていただいており、ご自身の経験から横浜にLRTを導入することの意義やそのポイント、難しさなどの指摘や示唆を示され私たちにとって、今後大いに参考になる話をお聞きすることができました。

 「走らせる会」の古川副理事長の提案は4月21日に行なわれた中田宏横浜市長とのカレーランチミーティングで、市長に提案した「みなとみらい・ベイエリア地区LRT新路線」をベースにしたもので、その内容は今まで走らせる会が提示して来た中心街への路線の中で、より実現可能と思われる地域に導入する目的と意義を示したものです。

第2部のパネルディスカッションでは、エコノミストであり「世界のLRT」などの著書がある宇都宮浄人氏が、世界のLRT事情を紹介しながら、地元の意志があればLRTは実現するとして議論が始りました。ブルネイ出身のアシャド・バハルディン氏は、なとみらいにオフィスを置く「アジア太平洋間協力ネットワーク」の業務を紹介しながら、ご専門の都市交通学からみたLRTの良さや効果について話されました。大川哲郎氏は、横浜の誇る名物「崎陽軒」のパッケージ印刷など大川印刷の環境に配慮した製品を作り続けることの意義、経営理念を明確に話される態度に若い経営者の意気込みを感じました。コメンテーターの安田八十五教授は、持論である「横浜・横山論」のまちづくりの観点から、路面電車の廃止の検証無くしてLRT導入することへの疑問を提示されました。議論には笠原氏、古川氏も加わり様々な角度から横浜へのLRT導入の意義等について話し合われました。

2009_2

| | コメント (1) | トラックバック (0)

第5回定時総会が開催されました

 6月20日(土)、「横浜にLRTを走らせる会」の第5回定時総会が開かれました。平成20年度の活動報告や決算報告に続いて、21年度の活動方針や事業計画が承認され役員の選出が行なわれました。

≪平成21年度活動方針・事業計画≫

人の自由な移動を保証する「交通権」の考え方に基づいて、横浜市において、人と環境に優しい公共交通に対する関心をさらに拡大し、暮らしやすく快適なまちづくりのためのLRT導入の実現に向けて前進するため、以下の4つのテーマを平成21年度の活動方針としました。

 具体的な取り組みとして、「横浜の公共交通活性化をめざす会」などと連携しLRTに関する研究と宣伝活動を行うこととし、想定路線沿線住民、商店街、自治会、市民団体、経済団体、議員などへ働きかけます。また、夏・冬の「LRTフォーラム」の開催や、秋の横浜カーフリーデー2009への協力・参加、「第4回人と環境に優しい交通をめざす全国大会in東京」への主体的協力を行っていきます。

<活動テーマ>

① 「横浜の公共交通活性化をめざす会」(以下、「めざす会」)、「横浜カーフリーデー実行委員会」と協力・連携を更に深め、将来の法定協議会設立への参加を見据えて、市民主体の横の繋がりを組織化する。

② 横浜市において活動する政官民諸団体への働きかけと協力によりLRT実現へ向けた具体的な活動を開始する

③ 会員拡大およびボランティア募集と会員相互の交流に努めるとともにLRTの宣伝普及のための絵本販売を本格化し、「めざす会」と協力し、「LRTを機軸とする人と環境に優しい交通システム」「まちづくり」に関する会員の研究・研修の場を設ける。

④ 「第4回人と環境に優しい交通をめざす全国大会in東京」開催への協力を行い、全国路面電車ネットワーク、新交通国会議連、その他全国レベルでの公共交通・福祉・環境・まちづくり諸団体との相互協力の拡大・深化を目指す。

<21年度、22年度理事.>

大内えりか(理事長) 清水康二(副理事長)古川 洋(副理事長)石上惠子 岩本欣也 大塚和之 大沼安秀 大野眞一 栗原正明  小田部明人 小宮 晃 白石眞一 塚平一成 藤村建一郎 松川由実 伊藤容子

(監事)竹田順一 檜垣宏子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年8月 »