« 2010新春LRTフォーラムのお知らせ | トップページ | 林 文子横浜市長から要望書への回答が届く! »

2010年2月 8日 (月)

横浜まちづくり塾2月例会の案内

 当会の田村明会長が主宰していた横浜まちづくり塾の案内を転載します。今回は当会理事も多数参加して田村先生の追悼の場としたいと考えています。以下転載。

 昨年12月17日、半年ぶりに行われた連続講義の第16回「都市文明の本質とその矛盾」が、文字通り田村先生の最終講義となってしまいました。
 冬休みを挟み2月例会のご案内をした翌1月26日に先生急逝のお知らせをすることになるとは、思いもよりませんでした。
 ここにあらためて天に召された先生のご冥福をお祈りいたします。

 12月例会の冒頭、先生は「小さな実践ながら、さまざまな立場の市民による自由な交流と学びの場として長く続けてきた…」と、横浜そして東京の「まちづくり塾」への熱い思いに触れ、今後の抱負にも言及なさいました。
 ……先生の遺志をどういうかたちで引き継ぐべきか、それが私たちに残された大
きな課題であり、今後多様なアプローチが試みられると考えています。

 さて2月例会は、そうした試みへの模索と先生の追悼をかねて、先にお知らせしたテーマにより開講します。
 横浜における「持続可能な交通システム」としてのLRT導入運動が直面する課題をふまえ、フランスの都市政策、まちづくりの先進的な取り組みについて語っていただく望月真一さんはじめ、田村先生ご自身が会長であった「横浜にLRTを走らせる会」の皆さんも多数参加します。
 なお塾の後半ではQ&Aに加え、塾生の皆さんにさまざまな角度からの「田村明(追悼)論」を語っていただき、横浜まちづくり塾としての追悼の場とする予定です。
ふるってご参加下さいますようご案内いたします。
                              横浜まちづくり塾 事務局
                     記
 と き 2月18日(木) 18:30~21:00 
 ところ 神奈川県民活動サポートセンター405号室
         *横浜駅西口から徒歩5分 045-312-1121
 テーマ 特別講義/フランスの都市政策に日本は学べるか?
         ~横浜におけるLRT導入運動と「まちづくり」の課題から~
 講 師 望月真一 アトリエUDI都市設計研究所代表  
大内えりか 横浜にLRTを走らせる会理事長 
            *外に同会から 小田部・大野両理事など  
 定 員 30名(先着定員)
 参加費(資料代含む) 
 ・過去に当塾または「実践まちづくり塾」受講の方 500円
 ・今回初めて受講の方 1000円(初回のみ) 

             ●主催 / 問い合わせ●
           横浜まちづくり塾(田村塾)
           E-mail yokosc2004@yahoo.co.jp

 追伸
 1 田村先生「お別れ会」 4月3日(土) 午後
   横浜市OB、自治体学会、横浜&東京まちづくり塾、法政大学などによる
   実行委が主催する「お別れ会」については詳細が決まり次第、お知らせしま
   す。
 2 田村塾3月例会 18日(木) 1503号室 定員30名
   テーマ 横浜駅周辺大改造計画について
   講 師 鈴木伸哉 横浜市都市整備局横浜駅周辺等担当理事

  

|

« 2010新春LRTフォーラムのお知らせ | トップページ | 林 文子横浜市長から要望書への回答が届く! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 横浜まちづくり塾2月例会の案内:

« 2010新春LRTフォーラムのお知らせ | トップページ | 林 文子横浜市長から要望書への回答が届く! »