« 横浜まちづくり塾2月例会の案内 | トップページ | 2010新春LRTフォーラムを開催しました! »

2010年2月19日 (金)

林 文子横浜市長から要望書への回答が届く!

 走らせる会は昨年の4月22日に当時の中田宏横浜市長とカレーランチミーティングを行い、中心部へのLRT導入を提案しました。ところが、中田市長は7月に突然の辞任を表明し、8月30日に市長選挙が行なわれることになり、会として出馬した3人の候補者に「市長に当選したらLRT導入を推進しますか」という公開質問状を送りました。中西健治候補からは回答がありませんでしたが、林文子候補と岡田政彦候補からは「推進する」という回答が送られてきました。

昨年12月21日、横浜市長に当選した林 文子市長宛てに、会として面談を要望するとともに、LRT推進にどう取り組むについて回答を求める要望書を提出したところ、1月6日に市長からの回答が届きました。市長からの回答は次の通りです。

「横浜でのLRT整備については、採算性や導入空間などの事業性を確保するとともに、周辺の土地利用状況や本市の厳しい財政状況を踏まえる必要があり、整備には解決すべき課題が数多くあると認識しております。また、LRTの整備自体を目的にするのではなく、地域にふさわしい交通手段や対策について選択肢を検討していく必要がありますので、まずは、担当部署との話し合いを通じて、課題や可能性等について共有していただきたいと考えております。」

選挙の際の公開質問状の回答と比べると今回の回答の内容の違いに愕然としますが、これは真に林市長の考えに基づいて回答されたのか疑念を感じざるを得ません。私たちとしてはこの回答をふまえ、担当部署との話し合いを早期に申し入れすることを考えています。(報告・清水康二)

|

« 横浜まちづくり塾2月例会の案内 | トップページ | 2010新春LRTフォーラムを開催しました! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162651/47609129

この記事へのトラックバック一覧です: 林 文子横浜市長から要望書への回答が届く!:

« 横浜まちづくり塾2月例会の案内 | トップページ | 2010新春LRTフォーラムを開催しました! »