« 2019年度理事会案内 | トップページ | コロナ禍による交通崩壊を防ぐための緊急アピールについて »

2020年1月28日 (火)

2020冬 公共交通フォーラムを開催しました

当日のフォーラムは予定通り開催しました。参加された皆さんありがとうございました。

当日の様子(一部)は次のYouTubeにてご覧になれます。

(1)基調講演

 「地域交通のイノベーションに向けた政府の取り組み」

  蔵持 京治氏(国土交通省総合政策局 交通政策課長)

   https://youtu.be/OGT5eQXkCZ4

(2)特別報告

 「連節バスを活用した『高度化バスしテム』について」

  村上 真也氏(横浜市都市整備局 都市交通課担当係長)

   https://youtu.be/W5cOIp39S7c

(3)報告1

 「共通データ基盤『MaaS Japan』で」実現できる

  MaaSアプリ&サービス」

  藤垣 洋平氏(小田急電鉄株式会社経営戦略部

     次世代モビリティチーム 首席MaaSデザイナー」

   https://youtu.be/C1TRiE8B-S8

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

毎年この時期に実施している「公共交通フォーラム」を次の通り開催します。皆さんの参加をお待ちしています。

テーマ:「新たなモビリティサービスを考える

                             ~快適でシームレスな移動とは?~」

日 時:2月22日(土) 13:30 ~ 16:30 (開場 13:00)

会 場:波止場会館 5階多目的ホール

        (みなとみらい線 日本大通り駅 徒歩5分)

基調講演

 「地域交通のイノベーションに向けた政府の取り組み」

  蔵持 京治 氏(国土交通省総合政策局交通政策課長)

特別報告

 「連節バスを活用した『高度化バスシステム』について」

  村上 真也 氏(横浜市都市整備局都市交通課担当係長)

報告① 

 「共通データ基盤『MaaS Japan』で実現できる MaaSアプリ&

      サービス」

  藤垣 洋平 氏(小田急電鉄 経営戦略部次世代モビリティチーム)

報告② 

 「パーソナルモビリティWHILL

                  ~ラストワンマイルの新たな移動手段~」

  有賀 香代子氏(WHILL株式会社 MaaS事業部)

参加費 : 資料代 1,000円(学生 500円)

詳細は ↓

ダウンロード - 2020e586ace38395e382a9e383bce383a9e383a020202020e38381e383a9e382b7rev.pdf

 

|

« 2019年度理事会案内 | トップページ | コロナ禍による交通崩壊を防ぐための緊急アピールについて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2019年度理事会案内 | トップページ | コロナ禍による交通崩壊を防ぐための緊急アピールについて »